この時期に「足が攣る(つる)」人が増える理由

2018年05月29日

5月になり、「ふくらはぎが攣った」「太ももが攣った」

という訴えが患者さんから増えてきています

運動後、寝ている時だけでなく、歩いていてなる方、椅子に座っていてなる方など

通常の「足が攣る」パターンから外れた人が多くなっています

何故でしょうか?


理由は実は水分不足です

初夏になり、昼間の気温が上がってきています

そうなると汗をかくことが多くなってきます

しかし午前や日暮れは涼しく、汗も乾いてしまうため

自分は汗をかいた、と認識する人は少ないのです


そうすると水分不足により電解質バランスが崩れ

結果、足が攣るという事が起こります


予防法は勿論「水分補給」ですが注意点が一つ

カフェインの多い飲み物は水分補給には適しません

例えばコーヒーや緑茶、ウーロン茶などです

栄養ドリンクもカフェインを多く含むため水分補給には不向きです

勿論飲まないよりは良いのですが

カフェイン自体の効果が「利尿作用」つまり水分を排出する為

逆に脱水してしまう事がありますので注意しましょう

同じ理由でアルコールにも利尿作用があるため

ビール、お酒もダメです!


お勧めは「麦茶」

麦茶は「ノンカフェイン」で「ミネラルが豊富」

水分補給に最適な麦茶が夏に飲まれるのは

昔からの経験則による知恵だったのです


堺市北区 なかもず周辺で整骨院をお探しなら当院へ! スポーツ障害・骨格矯正・骨盤矯正はかわもと鍼灸整骨院へ