秋のぎっくり腰はこの時期から注意!

2018年08月21日

お盆が過ぎてから、猛暑もやや落ち着きましたね


この影響で、腰痛の患者さんが増えています

気温が下がってくると、足腰の冷えから腰痛が増えるのです


特に、夏場に起こりやすい冷えの原因です

1 空調の冷たい空気が足元に溜まり、足先が冷える

2 扇風機などの風を体に長時間当てて、冷える

3 冷たい飲み物やアイスなどで胃腸が冷え、腰が冷える


気温が下がってくるに従って、体は冷えますが

猛暑の頃の空調温度や冷たいものを取る生活を続けていると

秋口にぎっくり腰になる方が増えます


予防としてこんな方法をお薦めします

〇 1日1~2回は温かい飲み物を取って胃腸を温める

〇 洗面器にお湯を張って足湯をする

〇 暑くても足元~お腹を布団から出さない


ちょっとした対策で涼しくなった時期も体調が保てますので

皆さん試してみて下さいね!