交通事故のむちうち、初期のケア

2018年07月19日

交通事故で最も多いケガが頸部の怪我と言われています

一般の方にも分かりやすく言うと「むち打ち」です


当院でも、交通事故で来院される患者さんの7~8割がむち打ちです

むち打ちは非常に痛くて、かつなかなか治りにくい症状ですが

ケガをした時に早めにケアをしてあげれれば改善のスピードが早くなります


まず、大事なのは患部を冷やす事、「アイシング」です

交通事故はとても強い力が掛かり、関節を強く痛めます

その為、患部周りはケガによる強い熱を発し、ズキズキとした痛みを出します

アイシングは、この痛みと熱を緩和してくれますので

ズキズキの痛みが引くまで、毎日1回はアイシングをしましょう

長い人だと1カ月以上アイシングが必要な人もいます

ズキズキが無くなるまで必ず続けます


次に大事なのは頸椎カラー(サポーター)の使用です

見栄えが悪い、接客業や営業だと付けられない

という理由で、病院で進められてもいらないという方も多いですが

家にいる間だけでも付けていると格段に回復が違います

仕事が終わったらすぐつけて、出来るだけ使うようにして下さい


整骨院の施術だけでなく、こういう細かいセルフケアを行う事で

回復が早まりますので覚えておいてくださいね!


堺市北区 なかもず周辺で整骨院をお探しなら当院へ! スポーツ障害・骨格矯正・骨盤矯正はかわもと鍼灸整骨院へ