デスクワークによる腰痛とは?

2018年06月20日

実は座位(椅子に座っている状態)は、立位(立っている状態)に比べて

腰部に大きな負担がかかると言われています

アメリカのカイロプラクティック研究によるものですが

立位より座位の方が5割増し(150%)で腰部に負担がかかるそうです

何故そんなに負担がかかるのでしょうか?


腰部の骨、腰椎と言いますが

この腰椎は、正常の状態で体の前に向かって凸になっています

簡単に言うと、まっすぐより「少し反った状態」が正常の形という事です

椅子に座ると多くの方は背中が丸まってしまいます

そうすると、「少し反った状態」が正常である腰椎は

前に向かって倒れ、「猫背の状態」になってしまいます


この姿勢で長時間座っていると

腰椎に大きな負担が掛かってきてしまいます

これが、椅子に座ると5割増し、の正体です


ではどうすれば少しでも負担を減らすことが出来るでしょうか?

それについては ➡ デスクワークの正しい姿勢は?  をどうぞ!


長時間、椅子に座る方は気を付けて下さいね!


堺市北区 なかもず周辺で整骨院をお探しなら当院へ! スポーツ障害・骨格矯正・骨盤矯正はかわもと鍼灸整骨院へ