一般症例3 膝痛

歩行時の痛みが強く、当院を受診された60代のOさん

特に膝の内側の前に痛みが強いと訴えておられます

整形外科で膝が変形していると言われたそうで

痛み


まずは問診です

どういう時に痛みが出やすいのかを聞くと

階段の特に下りが痛く、歩いていても急に痛みで力が抜けると仰います

この問診である程度、痛い部分が予想できます


次に、Oさんの膝を丁寧に触っていきます

予想通り、鵞足部と内側膝蓋支帯という部分を痛めているようです

この部分を痛めると、力が抜けるように痛みでガクッと膝が崩れたり

特に下り階段や下り坂で痛みや膝の不安定感を感じるようになります


但し、膝の治療は痛い部分が特定できたとしても

急がずじっくりと取り組まなければいけません

何故なら、膝は皮膚のすぐ下に骨があるため

強い刺激で組織を緩めようとすると、すぐ痛みになってしまうからです

この力加減は難しいので、患者さんに痛みの度合いを確認しながら

少しずつ治療していく必要があります


Oさんの場合、治療後はだいぶ楽に感じて頂けたので

これを継続していく事が重要だとお伝えし、治療継続します


週2回の治療で3カ月ほどで痛みがかなり軽減しました

痛くてやめていた散歩も復活してもらい

今ではどこにでもお出かけが出来、不安も少ないそうです


膝の痛みは回復には時間がかかりますが

治療が適切に出来ていれば、最初の数回である程度結果が出てきますし

膝に変形がある場合も、ある程度までは痛みの回復が可能です


年だからと諦める方がいらっしゃいますが

諦めずに治療に来て欲しいと思っています