足関節捻挫の際に受傷する箇所は前距腓靭帯だけか? 

「捻挫しました。足首を捻りました。」

と言われて整骨院に患者さんが来た場合

一般的な整骨院では、すぐ外果周辺をアイシングしてしまう事が多いようです

しかしこれは間違いです


まず前提として

本当にそれは「前距腓靭帯の捻挫」だけなのか?

という視点が必要です


足を捻った受傷機転を確認してみると

「その捻り方だと内反捻挫じゃないぞ?」

となったことは良くありました


良く良く聞いてみると、指の捻挫だった

良く聞いてみるとショパール関節の捻挫だった

こういう事も、問診する前に外果のアイシングをスタートしてしまうと

アイシングをわざわざ付け替える事になってしまいます


捻挫だと聞いて、まず最初に視診触診するべき部位を列挙します

〇 前距腓靭帯

〇 踵腓靭帯

〇 脛腓靭帯

〇 伸筋支帯

〇 前脛骨筋

〇 ショパール関節

〇 三角靭帯

〇 短指伸筋~二分靭帯

〇 第五中足骨基底部~短腓骨筋腱

〇 リスフラン関節

〇 MP関節

慣れればここまで1~2分で確認出来るので

私はここまでは必ず触診して

圧痛点はボールペンでチェックします


次に、捻挫で二次的に痛める部分として

〇 アキレス腱

〇 足底腱膜

〇 背側・底側骨間筋

など、余裕があれば見ておきます


現場では、ぱんぱんに腫れてしまった足を見た瞬間に

焦って「すぐ冷やしましょう」とやってしまいがちです

パンパンだからこそ、どこまで受傷が広がっているか

丁寧な確認が必要です


チェックできれば、アイシングの範囲もおのずと決まりますし

テーピングの範囲も決まります

例えばリスフラン関節まで痛めていたら

横アーチサポートを遠位まで2~3巻き入れる、などです


足首のテーピング技術については

別項にて書く予定です