炎症のある急性期の捻挫・肉離れの処置について

多くの整形外科・整骨院では

炎症のある捻挫・肉離れ(ぎっくり腰含む)は

絶対触らず安静に!が基本となっているが

実務レベルで言うと、リスクを確認したうえでは

ある程度、治療を行った方が回復が早い事が分かっている


救急の世界では「ゴールデンタイム」と呼ばれる、外科的処置の限界点がある

この時間内に処置をすれば予後が良く、それより遅れると後遺症が残ったり予後不良となる時間だ


実は捻挫、肉離れなどの筋や靭帯の外傷も、同じように処置の限界点があると感じる

受傷後半日以内、48時間以内辺りで予後の回復の差を感じるのである

受傷直後に適切にRICE処置を施し、患部の循環を確保できた場合はかなり予後が良い

肉離れを受傷後、運動開始が1ヵ月程度で出来るようになる事も多い

適切な肉離れの処置についてはまた改めて後述する予定