「治療家」になるとはどういうことか?

ここにテキストを入力

「私は、ただただ体をもむだけのマッサージ屋ではなく、治療家になりたいのです」

 若い先生と話すと、良く聞く言葉です。

 そして、私も若い頃はそういう志(こころざし)を持っていました。

 漠然とですが「治療家になりたいな」とずっと考え、そのために研鑽を積みました。


 では、現在業界キャリア20年を越えた私が「お前は治療家になれたのか」と問われた時、どう答えるのかを考えてみました。

 そして、現時点でのその答えは

「私はいつも治療家でありたいと考えて仕事をしている」

です。


 治療家になれたかどうかを問うているのに、なんだその答えは。

 まるで禅問答ではないか、答えになっていないじゃないか。

 皆さんはそう考えるかもしれません。

 しかし、私の中ではこれが答えです。


 まず、この質問に答えるには、「治療家になる」とはどういうことかを考える必要があります。


 さて、一般に我々柔整鍼灸業界の人間がイメージする「治療家」とはどんな人でしょう。

 いくつか挙げてみますと

1 色んな治療方法を知っていて、それを使いこなす人

2 どんな疾患でも治してしまう人

3 様々な経験を積んでいて、どんな状況でも対処できる人

 ぱっと思いつく範囲で例を挙げると、このような人でしょうか。