堺市で交通事故対応が出来る整骨院をお探しなら

かわもと鍼灸整骨院にお越しください


交通事故のケガ、むちうち、腰痛の治療を多数担当

交通事故の専門家とも連携しており

様々なご相談にも対応致します

どうぞかわもと鍼灸整骨院にお任せください!


むちうち
むちうち

かわもと鍼灸整骨院のスタッフは

交通事故のむちうち、腰痛など

多数の症例を経験しております


むちうち、腰痛などの強い症状を抱える患者様は是非

ケガや急患を多数見てきた当院のスタッフにお任せください


また、法律の専門家の紹介、病院の紹介も行っております


整骨院に通いたいがダメと言われた・・・

そういう方も、一度スタッフにご相談下さい

患者様のご希望に沿った治療が出来るように

出来るだけサポートをさせていただきます


当院では、交通事故によって引き起こされた様々なケガ、症状に対応致します

対応できる症状としては

1 むちうち(頸椎捻挫)

2 腰痛 (腰部捻挫)

3 肉離れ (筋挫傷)

4 足の捻挫 (足関節捻挫)

5 膝関節のケガ (膝関節捻挫・靭帯損傷)

6 突き指 (指関節捻挫)

7 その他、それに類する疾患

があります

この様な症状で整骨院に掛かっても良いのかな?と疑問に思ったら

是非一度お電話で症状をご相談下さい


駐車場完備
駐車場完備

かわもと鍼灸整骨院は

駐車場も3台分完備

堺市北区だけではなく、堺市全域から

患者様にお越しいただいております

当院の場所はこちら ➡ アクセス

整骨院の施術には
自賠責保険が使えます

交通事故による

むちうちや腰痛、肩、膝などの
関節の痛みも整骨院で施術できます
自賠責保険支給申請も行っております

相手方の保険会社に連絡をして頂き
当院に通いたいと、お伝えください
自賠責保険、任意保険が使えれば
ご負担なく治療を受けて頂けます

出来るだけ早く

治療開始しましょう


交通事故でのケガの大前提は

早くリハビリを始める事!

痛みが強いと不安になりますよね
こんなに痛いのに

触ったら良くないんじゃ・・・?

いえ、出来るだけ早く来てください!

治療開始が早ければ、回復も早まります

当院はお体の状態に合わせて

様々な技術で対応致します

不安のある方はまず一度ご相談下さい!

施術スタッフは
全員が国家資格者
患者様のお体に

配慮した設備です


 施術スタッフは全員が国家資格者
 臨床経験が長いベテランばかりです
安心してお任せください

 全台昇降ベッドにより
 体の痛い方・高齢の方でも
 ベッドの乗り降りが楽です

 個室施術も行っております
 プライバシーを気にされる方にも
配慮しています

交通事故専門の

法律の専門家と連携


かわもと鍼灸整骨院では
交通事故のトラブルに経験が深い
法律の専門家をご紹介出来ます

相談の為に当院まで
来てもらう事も可能です!
面談は、当院に来院の際に
時間を合わせて来てもらえます

相手方が自賠責のみ加入で

対応してくれない
治療を早く終わるように急かされた

などの問題も相談に乗ってくれますよ

病院の治療を

併用する事も大事です


 病院と整骨院は、担当・アプローチが違います

整骨院はリハビリが担当
関節や筋肉の治療がメインです

病院の先生は、炎症の管理やお薬の管理

後遺症が残った時の認定なども病院の先生です

交通事故では病院・整骨院の

両方の治療を併用する事が大事です

かわもと鍼灸整骨院では
交通事故の患者様には
必ず、病院への通院を指導しています


よくある質問集

Q. むちうちって何?

 A. むちうちは、交通事故の衝突の際の衝撃により、首の骨が大きく「むちのように」動くことで、首の骨や靭帯、神経などに強い力が掛かって痛めてしまう事を指します。

むちうちはかなり治りづらく、普通でも数カ月~1年、場合によっては後遺症が残り何年も痛みが残存してしまう事もあります。けっして甘く考えてはいけません

そんなむちうちも適切な治療を受ける事で、症状の緩和を早め、後遺症を軽減する事が出来ます。

むちうちの方は出来るだけ早く治療をするようにお願いいたします。


Q. 交通事故の後、腰が痛くなったのですが何故ですか

 A. 車と車で衝突した際に、首ではなく腰を痛める方もおられます。多くは、シートを倒し気味にして座っておられた方です。

シートを倒して使っていると、背中に支えが無く、事故の強い衝撃を受けた時に自分の体を腰の力で支える形となり、結果腰を痛めてしまいます。

合わせて、股関節痛や膝痛などが出る場合もありますので、問診で痛い所は全て伝えていただくようにお願いいたします


Q. 事故に遭ったら、どうすれば良いですか?

 A. 事故に遭ったら、まず警察を呼んで事故をした現場を見分してもらいます。そのあと、すぐに近くの病院に行きましょう。歩行者、自転車で事故に遭った場合は、ご本人が思っているより強い衝撃を受けておられますので、その場では大丈夫だと思っていても救急車を呼んでもらった方が良いと思います。

事故で一番怖いのは脳の障害や、脊椎の障害です。また大きな骨折があった場合は入院という事もありますので、これも気を付けなければいけません。その為、レントゲンだけでなく脳やせき髄も検査できるMRIがあるような大きな病院で検査を受ける事が大事です。救急車なら近くの大きな病院に送ってくれるでしょう。


Q. 最初に通院した病院が遠く、通いづらいです。何か良い方法は有りますか?

A. 事故に遭った近くですぐ検査をしてもらった病院が、定期的に通うのに遠い場合は、近くの病院に移る(転院)事が可能です。

受診した際に「近くの病院に代わりたいので紹介状を書いてください」と言えば、殆どの病院は対応してくれます。

ケガをしてすぐ検査でかかった時に、帰り際に紹介状を頼めば、そのまま転院する事が出来ます。


Q. 事故をしてからしばらくして痛くなりました。見てもらえますか

 A. 事故をしてしばらくしてから痛くなった場合、1週間以内なら事故に関係のあるケガと認定されることが多いです。但し、病院で診断を受けることが必要になります

事故をしてから2週間程度立ってしまうと、事故との関連性があるかあいまいになってきます。この時も必ず病院で診断をしてもらい、事故に関わるケガである事を証明してもらう必要があります。これは整骨院では出来ませんので、事故で通院している病院に掛かりましょう。

事故をしてから1カ月ほどしてから痛くなった場合、事故との関連性は殆どの場合、認められない事になります。

このため、例えば

「痛くなってから我慢していて1カ月ほどたち、時間が出来たから通院した」

というケースだと、事故との関連性が認められない、という事になります。もちろん、後遺症が残ったとしても、この部分については認定も保証もされないということになります。

痛くなったら、仕事を休んででも必ず病院に行き、事故と関連のあるケガだと診断してもらう事が非常に大事です


Q. 事故で相手が口約束で「治療費も車の修理費も払う」と言ってくれました。大丈夫でしょうか

 A. これはとても危険です。口約束で治療費や修理費を払ってくれる保証は有りません。必ず相手の保険会社と連絡を取れるようにしましょう。

万が一、相手が自賠責保険だけの加入で任意保険(いわゆる保険会社)に入っていなかった場合、非常に難しい状況になります。この場合、対応を間違うと治療費や修理費が満額出ない事もあります。

まず自分の自動車保険会社に間に入ってもらいましょう。必要に応じて交通事故の対応に慣れた弁護士の先生に入ってもらった方が良い場合もあります。


Q. 事故に遭ったのですが、保険に入っておらず、相談できる人も居ません

 A. 堺市では無料で受けられる交通事故の電話相談や、弁護士さんに無料で相談できる窓口なども用意されています。一度活用されてはどうでしょうか。URLを貼っておきます

堺市 各種相談窓口 https://www.city.sakai.lg.jp/sakai/annai/kakushusodan.html


Q. 事故の相手とトラブルになっています。どうすればいいでしょうか

 A. こういう場合、慣れていない方が自分で対処するのは非常に困難です。

当院では交通事故トラブルの対応経験が多い弁護士と連携しております。

こういう事はやはり専門的に対応してこられた先生にお願いするのが一番です。

どうぞ当院までご相談ください。



交通事故に役立つ

コラム集

〇 むちうち、初期のケア(ブログ記事)

堺市北区なかもず・中百舌鳥周辺で整骨院をお探しなら当院へ!

交通事故のケガは当院にご相談ください