梅雨時はむくみに注意

2019年07月05日

梅雨に入ると、患者さんの体が変わってきます

具体的には、むくみや下肢のだるさを訴える人が増えます


梅雨時にむくむ原因は気圧と湿度です


雨が降ると気圧が下がりますね

気圧が下がるという事は

体全体に掛かる空気の圧力が下がるという事


そうすると、体は膨張し、細胞は膨らみ

これがむくみとなって現れます


また、人が息をする際に呼吸で放出される水分があるのですが

梅雨の湿度の増加によりこの放出量が減ってしまいます

結果、体に余計な水分が排出されずに残ります

此れもむくみに繋がります


この様に梅雨はむくみを起こしやすい季節ですが

梅雨時のむくみを改善する一番簡単な方法は

「ぬるま湯で長風呂」です!


お風呂で温まる事で血行を良くするだけでなく

水圧を体全体に掛ける事でむくみを改善します


しかし、これだけではむくみが改善しないような

しつこいむくみがある方には

お灸がお勧め!

お灸は足へピンポイントに施術する事で

下肢のむくみやだるさを改善してくれます


最近のお灸は間接灸と言って肌に直接お灸しない為

ほんわりと温かい感覚が心地よいですよ


お灸はむくみに即効性が高いので、是非試してみて下さい!